ず's WiLiKi

九州王朝説




どんな説?

古田武彦 によって提唱された説。 九州には古代から連綿と続く王朝(倭)があったが、唐と新羅との戦いで敗戦(白村江の戦い)したことで、唐の支配下に置かれ滅亡し、大和と交替したという説。 首都は大宰府に置く説が多い。

詳しく知るための本

創始者の古田武彦 の初期の3部作が良い。 その後の研究で訂正されている部分もあるが、基礎として抑えるべき。 ただし、どれも古本でしか手に入らないかもしれない。

先行した説

九州に王朝があったとする説は、鶴峰戊申の襲国偽僣考あたりまで遡る。 当時は別に王朝を立てるというのは憚られたのか? 熊襲が大和朝廷を名乗って中国と交渉したという話になっている(Wikipedia:鶴峰戊申 )。

また、上記 (うえつふみ)の内容も微妙に九州王朝説に影響を与えているような気がする。

派生した説

九州王朝説は、「古代史の謎をすべて九州王朝説に押し付ける」こともできるため、 さまざまな説が派生している。あまりいい傾向ではないと思うけど。 室伏志畔 あたりが最右翼か。






[トップ] / [最近の更新] [一覧] / [RSS] / [お問い合わせ・情報提供]

本サイトはAmazonアソシエイト等のアフィリエイトサービスを利用しています
running on WiLiKi and Gauche