's WiLiKi

我が秘密の生涯




ビクトリア朝の真実を語る奇書 - 我が秘密の生涯

我が秘密の生涯 (My Secret Life)という奇書がある。 ピサヌス・フラクシが著者であるが、これは偽名で、ヘンリー・スペンサー・アッシュビーが本当の著者だと推測されている(そうでないという説もある)。

全11巻。4000ページに及ぶ大部の著作だが、内容は19世紀後半のイギリス・ヴィクトリア朝時代のある男性の性生活が生涯にわたって書かれているだけ、である。いわゆるポルノグラフィーなのだが、それだけが延々と続くのはかなりの圧巻である。

日本語版は複数の版元から、縮刷版も含め数種類が出版されているようだ。 私がざっとWebで調べただけでも8種類存在する。 残念ながら全訳は學藝書林版(絶版)だけのようで、かなり入手困難である。

さて、我が秘密の生涯 は、立派なポルノグラフィーなのであるが、 読んでいくうちに、この本が書かれた当時(19世紀後半)のヴィクトリア朝の 様子がうっすらと透けて見えるようになってくる。 上流貴族と庶民の格差、貧困階級の絶望的な貧しさ。そして文化や生活。 大英帝国の基礎は貧困階級からの搾取であるのがまざまざと見えてくる (そして、戦前の日本の社会も類推できる)。

この歴史的な奇書を世に紹介したのが、 もう一つのヴィクトリア時代 である。 作者のスティーブン・マーカスが性生活研究所で得た知見を元に ヴィクトリア朝におけるポルノグラフィーの意味、社会との関連等を書いている。

この手の本は、古代史の偽書もそうだけど、内容そのものより、その本が書かれた時代背景とか意図を推測する方が面白い。


さまざまな日本語版

入手方法


2

2

My Secret Life By Walter にて全文が公開されている。

リンク







[トップ] / [最近の更新] [一覧] [編集履歴] [RSS]
Last modified : 2015/05/18 08:54:14 JST
WiLiKi 0.5.3 running on Gauche 0.9.4