ず's WiLiKi

ヨーロッパ各地で放射性ヨウ素検出




2011年10月下旬から欧州各地にて ごく微量の放射性ヨウ素(Wikipedia:ヨウ素131 )を検出したという報道のメモ。


2

放出元が特定された模様

断定できるだけの情報はまだ集まってない? もうちょっと情報収集が必要。








医療用ヨウ素剤って?

国内で利用されているヨウ素剤の例

ご参考:ヨーロッパ各地で放射性ヨウ素検出メモ - Togetter

現状のまとめ


↑この地図は国単位で大雑把に塗っているので不正確です。 (ロシアを国単位で塗ると凄いことになっちゃうんで悩み中)

現状での考察

日本での報道

えー、今頃こんな記事が...今朝のNHK報道見てないのかな?

IAEA


ロイター報道

たぶんこれが第一報


ドイツから第二報


海外の報道


にちゃんねるにあった上記記事の翻訳 http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1321024673/84

84 :名無しさん@12周年:2011/11/12(土) 00:56:32.16 ID:CNsfK3z60
>>65の記事全文訳(かなり適当なので差し引いて読んで) 

国連の原子力機関によると、低濃度の放射性粒子がチェコ共和国はじめヨーロッパで検出された。IAEAの話では、検出されたヨウ素131は公衆の健康に危険を与えないとのこと。

IAEAはこの粒子がどこからもたらされたのかを調査したが、日本の福島原発由来のものではないと考えている。IAEAによると、ヨウ素のレベルが上がったのを報告してきたのはチェコ共和国という。 

「我々は、検出されたヨウ素131のレベルを追跡し、健康へのリスクはないと考えている。また、日本の福島第一原発の事故由来のものでもない」とIAEAは声明の中で言っている。 

ヨウ素は短命の放射性物質で、半減期は約8日。 

チェコの原子力安全を担当する当局によると、10月下旬から多くのモニタリング・ステーションでヨウ素131が検出され、IAEAに原因究明のため報告を行ったとロイター通信が報じた。 

チェコの原子力安全局長のDana Drabovaによると、このヨウ素は放射性医薬品の製造途中で漏れた可能性があるという。同氏によると、原子力発電所由来のものでは確実になく、さらに、チェコ国外に原因があるとほぼ確信しているとのことだ。 

日本の事故から数日、数週間の間は、福島由来のヨウ素131がごく少量、遠くはアイスランド、またヨーロッパ各地、ならびにアメリカにも到来したと考えられている。 

チェコ

ドイツ

ドイツの放射線監視網 - http://odlinfo.bfs.de/index.php


ハンガリー

オーストリア

スウェーデン


デンマーク

スロバキア

スロベニア

クロアチア

フランス

フランスの線量率監視網


ヨーロッパの現在の線量率

リアルタイムで欧州全域の線量率を見れるサイトがあります。11/12現在、特に変化無し。

SSTYPE Sample type code where the value is the 1 - 4 letter EURDEP sample type code. For example:

A1 air sample A11 outdoor air
A2 water sample A21 surface water
A3 soil sample A212 lake water
A4 deposition A23 waste water
A5 external radiation A32 soil + grass
A6 sediment A33 in situ
A44 aerial gamma A411 total deposition
A422 snow melt water A421 rain water
AZ environmental sample A43 grass

ロシアの現在の線量率

http://www.russianatom.ru/


パキスタン説?

いや、それはないだろ...

タランチュラ星雲からやってきた説?

スロベニアの原発じゃないか説?

未整理ソース

真偽不明ソースを含みます。扱い注意。

下記サイトはビデオ作ったりしてがんばってるけど...


原子力発電所関連リンク

(以下はデマ・誤報の検証記事)


2





[トップ] / [最近の更新] [一覧] [編集履歴] [RSS]
running on WiLiKi and Gauche