's WiLiKi

ドメイン/Networksolutions(NSI)から移管する




ドメインの移管

昔は、Networksolutions(NSI)が .com/.net/.org の3大gTLDを管理していたため、 NSIでドメインを管理している人も多いと思う。私もいくつかのドメインを持っているのだが、 廉価なドメイン屋に比べるとNSIは高く感じるようになってきた。 あと、操作インターフェイスが英語というのも少々厳しかったりする。 そこでNSI から移行しようとして、ちょっとはまったのでメモを書いておきます。

まず AuthCode が必要です

さて、最近はドメインを移管するのに AuthCode という認証コードが必要らしい。 このコードを移管先のレジストラに教えることで、安全に移管が行えるらしい。

そこで、NSIのインターフェイスをつついたんだけど、見つけきれませんでした。降参。 2ch 見るとメールで聞いたという話があったんで、私も聞いてみました。その返事を見たら意外なところというか盲点にメニューがあった。言われてみれば、って感じ。

これで、なぜか AuthCode がメールで届きますので、あとはこのコードを移管先のレジストラに伝えます。私が移設先に選んだレジストラの場合は、移管申込のときに AuthCode を入れる必要がありました。

本当に移管してもいいことを確認する

まず、移管先のレジストラからメールが届きます。そのメールに書かれているURLに行って、本当に移管することを確認します。

次に、移管元のレジストラ(NSI)からもメールが来ます。こちらは、「移管申請来てるけど、そのままだと移管されちゃうよ。嫌ならここをクリック」という感じの内容ですので放置してOK。

移管先から入金の確認がきます。

放置してしばらく(私の場合は4日ほど)したら、移管先から入金の督促が来ますので、 さっさと振り込みます。

入金してしばらくすると移管が行なわれます

whois や 移管先のレジストラのWebサイトで情報を確認します。 レジストラによって、個人情報の保護ポリシーが違ってたりしますので、 公開する情報に注意。

リンク








[トップ] / [最近の更新] [一覧] [編集履歴] [RSS]
Last modified : 2011/10/11 04:37:20 JST
WiLiKi 0.5.3 running on Gauche 0.9.4