's WiLiKi

ゲーム機器の無線LANの安全性




無線LANの問題点

無線LANは電波を用いるため、その電波が受信できる場合は下記の問題が発生する。

もちろん、これらの問題を防ぐための暗号化技術が開発されており、現在ではWEP/WPA/WPA2が主に使われている。

しかしながら、今まで使われていたWEP規格に致命的な問題点が発見され、WEPしか使えないDSが問題視されている。DSが開発された時期を考えるとWEPのみなのも仕方ないではあるが...

PSPはバージョンアップでWPA2が使えるため問題なし。ただし、AOSS設定でWEP64になる場合があるようだ。PSPはコンテンツ保護のための暗号化機能を搭載していたことと、ファームウェアの書き換えが可能だったことが良かったのだと思う。まあ、CfW見たいな問題が別途発生したりはしているが。

もちろん、PC用の機器、ノートPC内蔵無線LANでも発売時期によっては同様の問題はある。AP(アクセスポイント)の対応も必要。

Nintendo DS/DSiを使う場合

Nintendo DS は WEP しか使えないため、問題あり。 Nintendo DSi でも DS用ソフトをWiFiで使う場合はWEPしか使えない。

対策

我が家は後者の対策を行っていますが、誰でもできる対策ではないですね...


無線LANの暗号化の規格

暗号化の強度により複数の規格がある。WEP->WPA->WPA2の順に強度が高い(安全である)。


歴史

2








[トップ] / [最近の更新] [一覧] [編集履歴] [RSS]
Last modified : 2008/11/11 12:21:34 JST
WiLiKi 0.5.3 running on Gauche 0.9.4