's WiLiKi

米クレジットカード情報4000万件流出




何がおきたのか

アメリカにあるカード決済処理会社 CardSystems Solutions, Inc のネットワークに不正侵入があり、カード情報4000万件が漏洩した。既に一部顧客では被害が確認されている。

流出したのはクレジットカード番号。社会保障番号や生年月日などの情報は含まれていない。

海外で決済したカードは漏洩の可能性がある。海外旅行やamazon.co.jp、海外のオンラインショップなど

では、個人個人はどうチェックしどうすべきかという視点が報道から抜けていると思う。

 私のカードも番号変更になりました....

被害状況

カード会社 流出規模 被害状況 その他
マスターカード 約1390万枚 6.8万件の被害を確認
VISA 約2000万件 319件(287件に不正使用の疑い) 米国内において詳細調査中。国内分は数万人との報道あり
American Express 日本国内で発行されたカード情報が、わずかながら流出した可能性がある
Discover 流出の模様
DCカード 2600人
OMC 約500人分
日本信販 866人分 不明 情報を精査した結果6500人から減少
UFJカード 数百人分 約520万円(26件)
ライフ 2500人弱 不明
UCカード 約2600人分 不明
クレディセゾン 情報の収集中 不明
セントラルファイナンス 500人分 最大2500人との連絡があったが調査の結果500人分
イオンクレジット 最大1000人分
トヨタファイナンス 301件 情報集集中
三井住友VISAカード 不明 マスターから連絡があった
ポケットカード 約100万円(約10件) マスターから連絡があった
ジャックス 不明 マスターから連絡があった
ユニー系のUCS 138人分(139人との報道も) 約40万円(5件) 89万(4件)との報道も
バンクカードサービス 600人分 約18万円(3件)(3件は未遂) 地方銀行64行が出資,150万−160万円(20件)との報道も
国内信販? 352人分
オリコ 不明 流出したカード情報の特定を急いでいる
日立カードサービス 61名
アコム 情報収集および事態内容の確認中
アプラス
JCB 31名分 検証して分かった

新聞記事など(上が新しい)








[トップ] / [最近の更新] [一覧] [編集履歴] [RSS]
Last modified : 2005/06/28 23:54:51 JST
WiLiKi 0.5.3 running on Gauche 0.9.4