's WiLiKi

重曹で鼻の脂を落とそう




重曹を使うと脂分が気持ち良いほど落ちます。 でも、使い方がわからないと思ったようには落ちなかったり。

ここでは毛穴に詰まった鼻の脂の落とし方を説明します。 鼻のあぶらが気になる人の参考の参考にしてください。 髪があぶらっぽい人はこちら→重曹で髪の脂を落とそう


そもそも重曹って何ですか?

どうして脂が落ちるの?

上記の1,2の作用を上手に使うことで、鼻の脂を落とします。 ちなみに、鼻の脂以外でも脂っぽいところ、例えば、足の指の股とかに使うと良い感じで脂が落ちます。

どうやって落とすの?

先に述べた作用、研磨と鹸化がポイントです。削って、石鹸にするのが基本です。 私は以下の手順で落としています。

この「ぬるぬるする」のがポイント。ここまでくれば脂が溶け出しています。 石鹸でも実は落ちるはずなのですが、 石鹸でこすると最初からぬるぬるしているので、いつ脂が落ちたかわかりませんよね?

この皮脂が落ちた感じを「見える化」できることが重曹で洗うことの利点です。 脂が落ちない人は実は落ちるまで洗ってないんです。

注意事項は?


リンク

2chの記事

参考書


どこで買えるの?

お試しなら、近所の薬局やドラッグストアーで少量買うといいです。 少量買いはどうしても高くつくので、慣れたら通販でまとめ買いしたほうがいいと思います。重たいし。 鼻の脂以外にも使えますし。→沖縄で重曹 参照。









[トップ] / [最近の更新] [一覧] [編集履歴] [RSS]
Last modified : 2013/01/20 13:54:59 JST
WiLiKi 0.5.3 running on Gauche 0.9.4