's WiLiKi

温度センサ比較




Raspberry Pi や TWE Lite, PIC, Arduino などに繋ぐセンサの比較。 価格は秋月電子 調べ(2015/4)

型名 価格(円) I/F 分解能 精度 その他
ADT7410 500 I2C(0x48-4a) 16bit,0.0078℃ ±0.5℃@-40℃〜 +105℃(2.7V 〜 3.6V) -
BMP085 1250 I2C(0x77) 16bit,0.1℃ ±2.0℃@3.3V 温度・気圧センサ
HDC1000 680 I2C(0x40) 14bit,0.01℃ ±0.2℃ 温度・湿度センサ
LM61 50 アナログ(10mV/℃) ±3℃ 要A/Dコンバータ -
LM35 120 アナログ(10mV/℃) ±1℃ 要A/Dコンバータ -
LPS25H 600 I2C(0x5c,0x5d),SPI 16bit,0.002℃ 1/480±2℃ 温度・24bit気圧センサ

ADT7410はバラツキが少ないので、あちこちにばら撒くときは便利。i2cgetで値が拾える。 BMP085も良いしi2cgetが使えるが、温度・気圧は内部の補正パラメータから計算しないといけない。やや面倒。 LPS25Hはややバラツキ有り。温度・気圧とも簡単に読み込める。

HDC1000は少しバラツキがあるが、そもそも湿度センサの補正用なのでこんなもんかも。i2cgetは使えない。 (湿度を測る際にヒーターを使うから精度わるいのか?)

LM61は安いけど個体差が大きいので要校正。 LM61,LM35共にADCのチャージインジェクションやメモリ効果に注意。








[トップ] / [最近の更新] [一覧] [編集履歴] [RSS]
Last modified : 2015/05/15 19:10:44 JST
WiLiKi 0.5.3 running on Gauche 0.9.4