's WiLiKi

セラフィールド再処理工場事故




これは2005年に起きた事故に関するまとめです。この工場は最近閉鎖が決定されました(Sellafield Mox nuclear fuel plant to close )

nofrillsさんのまとめも参考にしてください:英国と「核」〜セラフィールドのことを知っていますか? 五輪会場が汚染されていたことは? - NAVER まとめ




イギリスのセラフィールド再処理工場で放射能洩れ

セラフィールド再処理工場 は、使用済み核燃料再処理 を行う工場です。 ロンドンの北々西、北アイルランドの対岸にあります。 昔はウインズケール再処理工場 と言っていたような気がしますが、いつのまにか名前が変わっています。 再処理工場は昔はフランスにもありました(ラ・アーグのスーパーフェニックス)が、事故で閉鎖されたままです。日本では「もんじゅ」が再処理のための実験施設ですが、これも大事故を起こして閉鎖中です。

日本からも使用済み核燃料の処理を委託し、プルトニウム を返してもらっています。 再処理の際は大量の放射性物質が出ますが、それをアイリッシュ海に廃液として流したり 空気と一緒に放出しています。(当局によれば「放出している放射性物質は規定値以下なので問題ない」らしいですが、内部被曝 を考えると本当に問題ないのかは疑問です)。

その再処理工場で2005年4月に、処理中の溶液がパイプから漏れて部屋中溶液だらけになるという 事故が起きました。その溶液はプルトニウムや他の放射性元素などを硝酸で溶かしているので 危険でその場所には近寄れません。

という事故がほとんど国内で報道されていないので、とりあえず、海外報道をリンクして 私の力の及ぶ範囲で妙訳をつけてみました。このページが気にいったらリンクはっていただけると うれしいです。

なお、ちゃんとした背景の説明は 青山貞一ブログ 2005年05月15日 日本のマスコミが報じない英国セラフィールド再処理工場の放射能汚染 が詳しいです。一読をおすすめします。

国内で行政や電力側ではない情報を公開しているところに原子力資料情報室 があります。こちらも一読をおすすめします。



goole News

(5/10の日記 以降にわかった情報をここに置きます。時系列で上が新しい)

翻訳記事については、 美浜の会翻訳記事 の方がお勧めです。私の翻訳はへろへろです...




blogとか

参考リンク


原子力発電所関連リンク

(以下はデマ・誤報の検証記事)











[トップ] / [最近の更新] [一覧] [編集履歴] [RSS]
Last modified : 2012/08/11 23:25:02 JST
WiLiKi 0.5.3 running on Gauche 0.9.4